妊活には葉酸が必要

妊活中に必要な葉酸を摂取する為に

妊活中には積極的に葉酸を摂ろう

PR:妊活のことなら。

結婚して3ヶ月が経ちました。結婚式も新婚旅行も終えて、ちょっとホッとしたところです。私は30歳ですが、主人の年齢は、一回り年上の42歳。これから子育てをする事を考えれば、すぐにでも子供が欲しいと思っています。できれば3人欲しいなと思っています。

私は、何事も計画的に進めたい性格なので、必要な事は事前に調べてキッチリ実行したいタイプです。健康な子供を作る為にも、しっかり事前情報が必要だと考えています。妊活を始めるにあたって必要な事を調べてみました。

“ベビ待ちの女性や男性にとって、妊娠するためには卵子と精子の質が非常に大切です。女性の場合は、卵母細胞が卵子に成長するまでに約3ヶ月かかります。男性の場合は、精母細胞が精子に成長するまで約2ヶ月以上かかります。つまり、早めに必要な栄養素をきちんと摂取して、赤ちゃんを授かるための体を準備しておかなければいけないのです。食事の栄養素を意識して摂り入れるのに、遅すぎることはあっても早すぎるということはありません。
出典
不足してませんか?妊活中の食事で必要な9つの栄養素 « 妊活サプリなび

妊娠してからではなく、妊娠する為に、卵子と精子の質は重要との事です。妊娠したいと思った時点で、それを意識してしっかり準備をする事が大事という事ですね。準備のなかでも大事な事は、必要な栄養素をしっかりと摂取するという事です。

・妊活中から必要な栄養素「葉酸」とは
妊活するにあたって、必要な栄養素を摂取する事が重要だという事ですが、主にどんな栄養素が必要なのでしょう。

よく耳にするのは「葉酸」という栄養素。葉酸は妊娠する1ヶ月前から摂取するべき栄養素と言われています。この葉酸には、赤ちゃんに神経管閉鎖障害という先天性の異常が起こるリスクを低減させる働きがあるそうです。妊娠前から摂取する事によってそのリスクが50~70パーセント減らす事ができると言われています。

厚生労働省からも1日400μgの摂取が推奨されていて、母子手帳にも記載されているそうです。女性だけでなく、男性も摂取するべき栄養素とされています。

“アメリカのカリフォルニア大学の研究では、葉酸を多く摂取している男性は精子に染色体異常が生じるリスクを20~30%少なくすることができるというという調査結果が得られています。
出典
ベビ待ちさんの基本栄養素!妊娠前に葉酸が必要な理由 « 妊活サプリなび

1ヶ月前からの摂取が必要という事は、妊娠したいと思った時点で夫婦共に、摂取しておく必要があるという事ですね。

・葉酸が多く含まれている食品とは

葉酸を摂取できる食品の中で含有量が多い物として、鶏や牛、豚のレバーがあります。これらは100gあたりに800~1300μg含まれています。ウナギにも多く含まれています。ただ、レバーやウナギには、ビタミンAも多く含まれています。ビタミンAは過剰に摂取すると、脂溶性のビタミンなので体の中に蓄積されてしまいます。それによって、母体や胎児に良くない影響が及ぶ可能性があるので注意が必要です。

葉酸を食品から摂取する為には、植物性の食品から摂取する事を特に意識すると良いでしょう。モロヘイヤ、パセリ、ブロッコリー、アスパラガス、春菊、クレソン、ケール等の野菜に多く含まれています。葉酸は熱に弱い性質がありますので、なるべく加熱調理せずに食べる事がおすすめです。他にも、枝豆やそら豆、エリンギやえのき等のキノコ類、ライチやクルミなどにも多く含まれています。

ただし、調理の過程で水に流れたり、加熱する事で栄養が壊れる事や、体内に入ってからの吸収率を考えると、実際に吸収される量は、含有量の1/4程度だそうです。

Copyright © 妊活中に必要な葉酸を摂取する為に All rights reserved